記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SMシングル】樹木土地【S3 最高2074 最終19××】

どうも、いつもお世話になっております。すみーです。

S3お疲れさまでした。今シーズンはGWに行われたファクトリーオフに参加した影響で凄くモチベーションがありいつも以上に気合いを入れてレートに取り組んだのですが、最高レート2074、最終レート19××という不甲斐ない結果となってしまいました。
SMではまだ2100にのせることが出来ていないので今期こそはと思ったのですが力及ばずでした。
今シーズンの結果を振り返りしっかり反省し、それを生かす事により来シーズン以降良い結果を残せるように精進していきたいと思います。

また今回使用した構築でファクトリーオフのシングル部門に参加しました。
結果は予選ブロック7勝2敗の1位通過、決勝トーナメント1落ちでベスト32でした。
こちらも予選を非常にスムーズに抜けられただけに決勝トーナメントを勝ち上がる事が出来なくて非常に悔しい思いをしました。
次こそはオフの方でも結果を残したいと思います。

前置きが長くなりましたがPTと個体詳細に入りたいと思います。

以下常体で失礼します。


【PTの並び】
S3使用構築

※オフ会ではリザXの枠はHBリザYでした。

この構築を組んだ経緯は特になく、オフで使用する構築を悩んでいてとりあえずボックスにいた適当な個体を適当にバトルボックスに突っ込んだだけ。

若干後付けちっくだが一応それぞれの採用意図としては
・ジュモクランドリザYによる攻撃的サイクル
・テッカグヤポリ2による守備的サイクル
・これら5体では相手することの出来ないメガギャラバシャウルガ等を1匹でまともてみてる神ポケモンのマリルリ
となっている。

レートではレボルトが相手のパーティにいた瞬間に負けが確定するためリザをYからXに変更した。


【個別解説】

デンジュモク gif
デンジュモク@拘りスカーフ
特性:ビーストブースト
性格:臆病
努力値:0-×-0-252-4-252
実数値:158-×-91-225-92-148
技構成:10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/エナジーボール

今回のボルチェン担当兼抜きエース。

眼鏡ライコウを使っていた時に電気の一貫が出来た時の制圧力が凄まじく、高速電気の一貫を作るパーティを目指した。
正直ライコウでは今の環境で活躍出来る自信がなかった為、相手を倒しつつ積んで行けるデンジュモクに任せた。

基本的な動きとしては
・初手になげて上からボルチェンをする偵察的役割
・他2匹でサイクルをまわしつつデンジュモク圏内にいれて抜いて行く
の2種類である。

電気の一貫があるパーティ相手には初手から10万連打しているだけで勝ててる試合もあり、全ポケモン中最高のCは伊達ではないと感じた。

またデンジュモクはZ催眠の方がメジャーな型であり、選出段階でスカーフを警戒させないという強みもあるように感じた。


ランドロス
ランドロス@ヒコウz
特性:威嚇
性格:意地っ張り
努力値:84-252-4-×-68-100
実数値:175-216-111-×-109-124
技構成:地震/蜻蛉返り/空を飛ぶ/剣の舞

電気タイプの相棒として採用されることが多いランドロスを地面枠として採用。
自分が一番信頼しているポケモンであり昔からの相棒と言っても過言ではない気もしなくもない。(どっちだよ!)

自分はゴツメやチョッキといった受けつつサイクルを回す型が苦手で、6世代から鉢巻や珠といった攻撃的なランドロスばかり使っていた為、今回はZ技をこいつに持たせた。

このポケモンの役割としてはデンジュモクで抜いて行く際に弊害となる地面枠と草枠の早急な排除。
そのためどちらにも有効かつ読まれないヒコウzで採用。

(、、、と言いたかったのですが終盤はヒコウzミラーも多く割と認知される型になってましたね。僕はポケバンク解禁直後からずっと使っているので起源主張したい所ですがたいした結果もだしてないし絶対僕発じゃないので少しだまっておきます。。。笑)

またそれぞれの技の採用意図は
・メインウエポンの地震
・自分はランドの蜻蛉返りに絶対の信頼を置いているため蜻蛉
・耐久ポケモンを無理矢理崩すための剣の舞
となっている。

蜻蛉を持たせる事によりジュモクとランドのトンボルチェンで対面有利を取る事が出来たり、剣の舞を持たせる事により残りの相手のポケモンにSが勝っている場合は抜きエースとなることもあって対戦によって様々な役割を持たせられる器用なポケモンであった。

反面耐久はそこまで高くなく物理相手には威嚇ありきであったため、HP管理がシビアだった。


リザX gif
リザードン@リザードナイトX
特性:猛火→硬い爪
性格:意地っ張り
努力値:252-44-0-×-0-212
実数値:185-171-131-×-105-147
技構成:フレアドライブ/逆鱗/剣の舞/羽休め

"前期で結果を残したHBリザYみんな使ってるし俺も育成しようかな〜"という理由で厳選し"めざ氷個体ツモるの時間かかったしせっかく育成したんだからパーティに入れよう!"という理由でバトルボックスにぶち込まれたポケモン。

しかしファクトリーオフの予選で霊獣ボルトロスに3タテされた対戦が2試合ありそこでレボルトどうすんだ?と気付いたため帰宅後すぐにYをXに変更した。

「これでレボルトも怖くないうっひっひ」と思っていたのだがコレはてんで的外れな対策である。
基本的にレボルト展開してくるパーティはステロ展開が多くHP半分の状態であれば半減と言えど電気zでもっていかれるからである。
レボルトを対策したいのであればこの枠を他のポケモンに変えるべきであった。

また相手のステロが怖く選出率はY、X共に最下位であった。
メガ枠の選出率が低いのはパーティの欠陥であるため、そういった意味でも他のメガ枠に変えなければならなかった。
要検討枠。


ポリ2 gif
ポリゴン2@進化の輝石
特性:ダウンロード
性格:穏やか
努力値:244-×-0-0-252-12
実数値:191-×-110-125-160-82
技構成:冷凍ビーム/放電/毒々/自己再生

7世代からカプ系統の台頭により特殊環境になりつつあると感じたためHDで採用。
またパーティ的に重いヒートロトムに強い駒でもある。

特性をトレースしたい仮想敵がいなかった為特性はダウンロードにした。

しかし硬いのはいいのだが色んな所から毒が飛んでくるわ起点にされるわ被弾数多いから急所や追加効果引きまくるわで扱いが難しかった。
ホントにポリ2は相手が使うと強いのに自分が使うと弱いポケモン筆頭ですわ。

ただ突破できない相手はどうやっても突破出来ないため、簡単に詰ませることが出来るし何とも言えないね。

テッカグヤ gif
テッカグヤ@食べ残し
特性:ビーストブースト
性格:慎重
努力値:252-100-44-×-108-0
実数値:204-134-129-×-148-81
技構成:ヘビーボンバー/地震/宿り木の種/守る

ヲタクカグヤ。
某顔でかい実況者の某動画のせいで某スクールアイドルアニメにハマりそうになっており、もともとアイドルヲタクでもある僕にはぴったりのポケモン。

最近の推しはフェアリーズのみきみきです。皆さん、可愛いので是非youtubeで「フェアリーズ」と検索検索ゥ!
おすすめの曲はクロスロードとbling bling my loveです。

宿守って相手にしてるとホントにイラつくよね。


マリルリ
マリルリ@オボンの実
特性:力持ち
性格:意地っ張り
努力値:228-252-4-×-20-4
実数値:204-112-101-×-103-71
技構成:滝登り/じゃれつく/気合いパンチ/アクアジェット

採用意図でも言及したが、パーティ的に重いメガギャラウルガバシャに強いポケモンとして採用。
逆に言うとこのポケモン達が相手のパーティにいた瞬間にマリルリの選出が強制されるため、選出が窮屈になる。

持ち物は一番信頼しているオボンの実。というかこれしか使えない。
カクトウzも候補に入ったがバシャの受け出し回数が減る事とランドと同時選出することがデフォ(ランドの選出率はほぼ100でしたから)だった為、採用しなかった。

気合いパンチはナットレイに宿り木読みで打ちドヤ顔したかった事と交換読みで打つ場合等倍相手には最高火力になることから採用しているが、ほぼほぼ打つ機会はなかった。
しかも気合いパンチでナットレイ56せないし、、、。


【反省会場】

反省としては色々あるがやはり、使用率上位のポケモンに対して処理ルートが
①ない
②少なすぎる
③遅すぎる
だと思う。それぞれについて見て行きましょう。

①使用率上位のポケモンに対して処理ルートがない

⇒これはずっと言ってきている霊獣ボルトロスが当てはまる。ぶっちゃけレボルトをしとめられた対戦は記憶にあるだけで1戦だけ。それも
Ⅰ ポリ2対面悪巧み、こちら冷凍ビームで6.5割削る
Ⅱ 電気or格闘z読みでランド引き
Ⅲ めざ氷読みでジュモク引き
Ⅳ 上から処理
逆に言うとステロ撒かれたらこの展開しかレボルトを倒せない。それか頑張ってマリのアクジェ圏内にいれるとか?

レボルトは環境的にも少ないポケモンではなく、むしろ多い方なので対策枠をしっかり入れるべきであった。

②使用率上位のポケモンに対して処理ルートが少なすぎる

⇒これはマリルリのところでも言ったようにメガギャラバシャウルガの処理ルートをマリルリ1匹に依存してしまっていること。またそれ以外にもフシギバナの処理ルートはランドのヒコウzだとか処理ルートが少なすぎるポケモンが多すぎる。

どこかの偉人の名言に、「こちらの3匹で相手の6体全員に対応できる選出をすることが基本となり、勝率も安定します。」というものがある。マリルリが相手のバシャ以外に対して刺さっていない場合バシャを選出されなければ腐るし、逆にメガギャラバシャと選出された場合マリが過労死して他ポケモンが腐るという結果になる。やはり理想は1匹1殺で相手パーティのそれぞれのポケモンに様々な処理ルートがあれば選出も窮屈にならず勝率もあがるのではないかと思った。

③使用率上位のポケモンに対して処理が遅すぎる

⇒メガガルーラのような野放しにしていてはパーティが崩壊するといったポケモンに対して2手3手で倒しにいくのは被害が拡大する一方となる。こういったポケモンをワンパンし極力被害を小さくすれば対戦を有利に進める事が出来ると思った。
今回の構築はメガガルーラやメガメタグロスといった効果力で技範囲が広いポケモンに対して上から一撃で倒せるポケモンがいないためこちらの3匹が疲弊することが多くサイクル不利になるケースが多かった。


【成績】
DSC_0196.jpg
最高2074 最終19××でした。
一応このロム以外にも2つで2000にのせているので3ROM2000を達成しています。
どれも100戦以下で2000にのせられたので、2000であればすぐにのる構築なのかなって思いました。
しかしそれ以上を目指すには改良していかなければいけない箇所が多いように感じます。


【最後に】
ずっと言っていますが、来シーズンこそ2100、2200を達成したいと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。何かありましたらtwitter→@yoshi46nogizakaまでお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すみー

Author:すみー
初めまして。ポケモンやってます。乃木坂好きです。推しメンは飛鳥さん。欅も好きです。推しメンは今泉ゆいさんです。

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
4634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
825位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター 2017.1.21〜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。